文鳥お迎え【後編】

ペットショップから白文鳥の雛を連れて帰ったわたし。

部屋に入ってリュックを下ろし、箱をテーブルの上へ。(なんとなく正座。)
隣にはすでに購入しておいたキャリーケージをスタンバイしてある。
ショップで挿し餌してる時プラケースの中でもうかなり飛び上がってたので、
箱を開けた瞬間飛ぶんじゃないか・・・
いやいや、それより箱の隅でぐったりしてたらどうしよう・・・と
ドキドキしながらオープン!

ピッピッ

それまで全く鳴かなかった雛ちゃんが可愛く鳴きながらピョコっと出て来た!
わたしは黙ってるものの、心の中では

キターーーーーo(≧∀≦)o!!!!!

である。

雛ちゃんは箱から5cm程出て
うちの天井のシャンデリア(カラフルなプラスチック製の玩具みたいなの)を見上げ、
「キレイねぇ・・・」って感じでうっとりしている。(ように見える。)
なんだかおっとり可愛くてお姫様みたいだなぁ。

わたしが
「こんにちは(^-^)」と声をかけて手を差し出すと軽く噛み噛みして手の平に乗って来た!

またしても心の中で

乗ったーーーーーo(≧∀≦)o!!!!!

である。

「移動しますよ?」と言ってゆっくりキャリーの方へ手を動かしてもじっとしている。
なんですか、お輿に乗ったやんごとなき姫君ですか。

キャリーに着いて(移動距離20cm)手を置いても降りてくれないので
「降りてくれる?」って言ったら降りた!
またしても心の中で…以下略。

そっとキャリーの蓋を閉め、ふ~~~っとひと息。無事、移動完了!!

ショップではプラケースに干草が敷かれてて箱にも入れてくれてたので、
キッチンペーパーを敷いたキャリーにも移した。

さて、もう今日は移動で疲れただろうし寝させましょう。ということで
布を掛けておやすみすることに。

うちのキャリーはショップのプラケースに比べて随分大きいので、
何か箱的な物の中で寝る方が落ち着くかな?と思い
ふご(雛を育てる藁のカゴ)に似た籐の箱をキャリーに入れておいたんだけど、
雛ちゃんはその箱には入らず、箱に立てかけた蓋の上に乗ってすましている。

えぇぇー(゚д゚) そっち・・・?

雛のうちは危ないので止まり木は低い位置にとお店でも言われて
キャリーの一番下にしてたんですけど・・・意味なーい\(^o^)/

おやすみ用の布を持って
「そこで寝るの?」
って聞いたら、蓋に乗ったまま振り返り
「何か問題でも?つか早く寝かせてくれる?」
って顔をされたので(想像)、
まだ雛なのに急に大人びちゃっておかしーなーwと思いつつ布を掛けました。

鳥は高い所が落ち着くと本で読んでいたけど、本当なんだな。

ちなみに保温ですが、雛の場合入れ物の底半分にアンカを置き
半分は本などで嵩上げして暖かい場所とそうでない場所を作っておくと
暑ければ自分で移動すると聞いて準備してたんだけど、
カゴの上の方に行ってしまったのでいきなり計画が台無しに^^;
(ひよこ電球も買ってたけど使うのまだ先だろうと思って試してなかった、、、)

底半分じゃ寒い気がして、迷った末全面に置いて様子を見ることに。
これで布を掛けると中の温度25度くらい。

暑過ぎて口開けてないかな?寒くて膨らんでないかな?って
1日目の夜は相当心配だったよ(>_<)
でも何度も覗き込む訳にもいかず、、、
最初からサーモスタットを買っておけば良かったです(´・ω・`)

↓後日撮った写真。ここに乗って寝ました☆


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

マユチャンネル

Author:マユチャンネル
Add : 広島じゃけん。
*** favorite ***
カープ・文鳥・フルート
福士誠治・尾形佳紀・三浦大知
メープル・アボカド・紅茶
旅行・アリス・London!



*** information ***
2011.5.1ブログ引っ越して来ました。
が、絵文字が反映されてないので
それ以前の記事は 旧ブログ 参照
推奨です☆
もしくは想像で乗り切ってくださいw
Imagine all the people~♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
pinoちゃん参加中☆
検索フォーム