出雲の旅その4

釜社でお砂をいただいた後は、お隣の東十九社へ。

稲佐の浜からやってきた東日本の神様達の宿泊所なんですって。
(西十九社は修理中でした。)

そして、大注連縄で有名な神楽殿。

14年前に来たときはみんなお賽銭を注連縄に投げて刺してたと思うけど
今は網が張られて禁止になってたよ。
まぁ、考えたら罰当たりでしたよね(・ω・;)

ここで御守りをいただいて、
まだ時間があるし体調も気分も良かったので
境外摂社にも行ってみることに。

東十九社から徒歩10分弱かな?

命主社(いのちぬしのやしろ)です。
手前の御神木がすごい存在感=3

樹齢1000年を越えるムクの木ですって。
なんだかもう色んなものを見てきて喜びも悲しみも知り尽くしてる感じ、
それでいてこの力強さはなんか勇気が出るなぁ。

ご近所の方がお掃除されてて、
きっとずっとずっと昔からこうして大切にされてきたんだろうなぁと思いました。

実はこちらの御祭神は神皇産霊神という
古事記における最初に現れた三神のうちの一柱なんです。

出雲大社の大国主命よりも伊勢神宮の天照大神よりも古い神様ってこと!
「あのお爺さんが黄門様!?」みたいな。

そこから歩いて3分位だったかな?
「真名井の清水」にも行ってみました。

出雲大社の神事にも使われるんですって。
飲料用ではないみたいなので
何となくアクセサリー類を浄めさせてもらったよ。

この後ゆっくり歩いて戻って
9時過ぎのバスに乗って出雲市駅へ。

朝の済んだ空気の中あちこちお参り出来て良かった。
またお願い事が叶ったらお礼に来なくっちゃ。

これにて出雲日記終了です。
読んでくださった方ありがとうございました☆
スポンサーサイト
プロフィール

マユチャンネル

Author:マユチャンネル
Add : 広島じゃけん。
*** favorite ***
カープ・文鳥・フルート
福士誠治・尾形佳紀・三浦大知
メープル・アボカド・紅茶
旅行・アリス・London!



*** information ***
2011.5.1ブログ引っ越して来ました。
が、絵文字が反映されてないので
それ以前の記事は 旧ブログ 参照
推奨です☆
もしくは想像で乗り切ってくださいw
Imagine all the people~♪

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
pinoちゃん参加中☆
検索フォーム