パディントン

映画『パディントン』(吹替版)を観てきました♪


すごく良かったーーー
パディントン可愛かった良い子だった紳士だった皆優しかったロンドンの街素敵だった美術ハイセンスだった結構笑えたかなり泣けた面白かったーー!

実写版パディントン初めて見た時は
これじゃない感が物凄かったんだけど
(想像以上に熊だった…)
安心してください、映画観始めてすぐ可愛い!!ってなります♡

ハリーポッターシリーズのプロデューサー制作とあって、流れる空気に同じ匂いを感じたよ。
古ぼけたアンティークの中に奇跡が起こりそうな予感がチラチラ舞ってる雰囲気。

ハリポタ好き、Mrビーン好き、あとミッションインポッシブル好きも楽しめるでしょう(笑)
トムの元妻@ニコール・キッドマン最高☆

ブリティッシュジョークの押し付けがましくないところ好きだな。
オレオの成分表クイズとか地味にじわる(笑)
衛兵の帽子欲しい(笑)
お隣のカールさんありがち!
同居のバードさん(ハリポタ・ロンのお母さん)大活躍!!

吹替は松坂桃李君で、誠実な優しい感じが合ってたけど
英語で聞けたらもっと色々面白いんだろうなぁと思いました。
そういえば、パディントンの故郷ペルーのことを
「暗黒の地ペルー」って何度も言うんだけど、darknessを訳すなら
「ペルーの奥地」でいいのでは。
なんか暗黒の地って悪者に支配されてるみたい…

歳のせいかすごく涙脆いもんで、
最初のペルーでの出来事でいきなり泣いて、ペルーを離れる所で泣いて、ロンドンに着いて泣いて、
あと要所要所で泣いて、結局終始泣いてました(・∀・;)

原作が発表された頃は戦争孤児が多かったのかな。
今も難民問題とか震災のこともあって、子ども達のことを思うと胸が詰まります。
心まですっかり溶け込むには長い時間が必要。
色んな人種が集まる大都会ロンドンだけでなく、
世界のどこででも
困っている人には(例え熊でも!)手を差し伸べる、それが一番大切なことだと改めて思いました。

そう考えると、日本語の「困った時にはお互い様」ってすごく素敵な言葉だね。

悪役もいるけど救いがあるっていうか
基本的には良い人ばかりで、心温まるファミリームービーです♡
近くの席に座ってた男の子もよく笑ってたよ。子どもの笑い声聞くとさらに楽しくなる♪
是非映画館で!

ちなみに、写真のキーホルダーとポストカードは
パディントン駅から連れ帰ったもの♡
マーマレードは映画観た帰りに思わず買っちゃいました。
(アヲハタは広島の企業なのだ。)

2010年ロンドン旅行記↓
パディントン駅自然史博物館
どんな世界観にも溶け込むピノ氏。
スポンサーサイト
プロフィール

マユチャンネル

Author:マユチャンネル
Add : 広島じゃけん。
*** favorite ***
カープ・文鳥・フルート
福士誠治・尾形佳紀・三浦大知
メープル・アボカド・紅茶
旅行・アリス・London!



*** information ***
2011.5.1ブログ引っ越して来ました。
が、絵文字が反映されてないので
それ以前の記事は 旧ブログ 参照
推奨です☆
もしくは想像で乗り切ってくださいw
Imagine all the people~♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
pinoちゃん参加中☆
検索フォーム